日中と夜間の水道工事の違い

さまざまな工事が行われる中、日中よりも夜間におこなわれることが多いものもあります。いつでもいいわけではないのは、いろいろと理由があるからです。これを知ると、さらに水道 工事に関することが理解できるようになってきます。

■日中におこなうのが基本

工事には、日中に行われるものと夜間に行われるもので意味が異なります。時間がなく、連続で行われていることもありますが、日中行うことが基本です。明るい状態のほうがミスは少なくなり、安全性も確保できます。周囲に知らせやすいということもあるでしょう。
ですが、日中だからこそ出てくる問題が多数あります。日常生活で考えれば、多くの人が日中に行動していますが、そこに工事が行われていれば、さまざまな影響が出てきます。道路が渋滞してしまったり、邪魔になったりすることがあるのは、日中に工事をする上で避けられない部分があります。

■夜間でなければいけない理由

夜間に水道工事が行われている理由は、渋滞を避けるというインフラを守るためです。規制をつけて工事をしなければならなくなると、他のところに影響が出てしまうでしょう。これは大きな道路になればなるほど与える影響を考えていかなければいけません。日中では許可が出ないこともあるところも夜間になってしまう要因です。水道を引きこみたくても、目の前が大きな道路になると、日中にできないことも出てきます。
もうひとつ、水道であるということで、使用量が少ない時を狙っているということも重要です。断水することになる場合もありますし、接続時に水が汚れてしまうこともあるため、影響の少ない夜間をねらって工事をすることもあります。

■まとめ
工事はできるだけ日中におこなうのが基本です。ですが、いろいろな状況を配慮して夜間に工事をする場合が出てきます。内容的にも大事な水道を守るという部分があることからも、理解しておく必要があるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ