水道工事はどんな方法があるのか

人間の生活に水道は欠かすことができません。ですが、水道 工事に関してはいったいどんなことをするのか、はっきりとわかる人はごくわずかです。そもそもひとつの業種ではなく、さまざまな内容を持っているところが重要になってきます。

■公道と宅内

水道工事には大きく分けて、給水と排水があります。実は同じように見えて別の内容を持っている工事です。公道側の給水は、止水バルブまでが水道局が対応しているものになってきます。排水も同様の考え方でいいでしょう。トラブルがあれば対応してもらうことになりますが、連絡をしても、給水と排水では、対応する企業も部署も変わってくるようになるのがポイントです。
これは考え方も異なりますし、工事の内容にも違いがあるところになります。ここでわかることは、公道と宅内に分けることができるという点です。それぞれ新設と改修などがありますが、公道工事には撤去も存在するところが大きな違いです。水道と下水道は別の管轄になってくるでしょう。公道の分け方もしなければいけませんが、別の事業者がおこなうことも珍しくありません。

■資格も必要になる

大事なところとして、給水装置を設置する場合には、指定された事業者以外はおこなうことができません。内容に関しても、技術的に問題があってはならないライフラインとなるため、主任技術者の選任が義務付けられています。
下水に関しても、有資格者を確保しなければならず、検定を受ける必要があるところも、事業者に違いが出てきているポイントです。スペシャリストでなければ、どちらも大きな問題になってしまうでしょう。




■まとめ
水道は、とても重要な意味を持っています。だれでも公共のものを勝手に工事してしまうと問題が出てくるのは、容易に想像がつくところです。非常に大事なことになってくるため、有資格者など必要な条件を満たしているところに依頼することを忘れないようにしなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ