水道工事に使われる管は

時代とともにいろいろなものが変わっていきますが、水道管に使われている素材も年々変化していきます。もともとは、鉄管を使って工事をおこなっていくのが基本でしたが、時代の流れとともに現在ではほぼ姿を消しつつあります。工事はどんどん進化し、適切な部材を使うようになっているので、素人では対応が難しくなっていくでしょう。

■なくなりつつある鉄管や鉛管

水道管といえば、鉄管をイメージしていた人は多くいるでしょう。水道をひねると錆が出るといったことは昔よく言われました。だからこそ、浄水器をつけたり、飲料水を購入するといったりする方法がとられてきました。
そこで、現在は錆が出ないような状態にするため、鉄管をやめてポリ管やHIVP管になりつつあります。錆を意識する必要がなく水道管としての衛生状態を保つことができるからです。以前は鉛管も使われていましたが、現在では健康被害が出ることから交換が進められています。今だに使われている場合には、補助金制度もあったりするため、問い合わせをして工事をした方がいいでしょう。

■銅管やHIVP管

現在給湯管で使われているのは、健康的にも溶けだす心配がなく、熱にも強い銅管です。ただ、素人が手を出せないのは、接続する場合にはんだで施工しなければいけないところになるでしょう。工事も簡単ではなくなります。腐食には強いわけではなく、ピンホールが生じてしまう可能性も否定できません。
一般的に使われるようになったのが、水道ではHIVP管でしょう。プラスチック樹脂を使った管であり、錆の心配が一切いりません。そのうえ工事が簡単であり、素早く進められます。工事費も下がっていきますが、主流といえるのはポリ管でしょう。施工が簡単というところは同様で、重さも軽く継ぎ手を接着するだけで進めていけます。紫外線に弱いため、外に出すのは向きません。

■まとめ
水道工事に使われる部材の一部ではありますが、用途に応じてさまざまなものがあるので、これだけでも選択が難しくなってくるでしょう。プロの手によって最適なものを選んで施工し、使っていくことが重要になってきます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ